FC2ブログ
プロフィール

大嶋裕香

Author:大嶋裕香
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
こども (37)
お客様 (50)
夫婦 (16)
結婚 (9)
ガーデニング (3)
料理 (25)
お出かけ (39)
パン教室 (22)
手芸 (11)
本 (8)
料理教室 (2)
ハンドベル (4)
健康 (8)
こども料理 (18)
ペット (9)

08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
図書室の幸せ
今年、学校の役員で念願の図書委員になりました。先日、図書室の掃除に行き、とってもうれしくなりました。棚を整理し、埃をはらい、本棚や本をきれいにするというお仕事。開校8年目の若い小学校ですが、良い本がそろっていて、心が弾みました。小学生のころは、友達と競うように図書室に通い、特に6年生のころは海外の推理小説を借りまくっていたなあ…。親になってからは、自分が昔夢中になって読んでいた本にわが子が巡りあった時に、とてつもない感動を覚えます。また、こどもたちが夢中になっている本を読んでみて、知らなかった作家の世界に目を開かれたりします。さまざまな驚きと喜びに満ちた夕暮れの図書室…。
ガーベラ
スポンサーサイト



[2012/06/12 01:52] | | トラックバック(0) | コメント(0)
マジックツリーハウスとズッコケ三人組
最近子どもたちがはまっている本。3年生の息子は『マジックツリーハウス』シリーズ。アメリカの女性が書いた本で、全世界で九千万部突破とか。兄妹が時空を超えて冒険するファンタジーなのですが、面白いし勉強になります。冒険先は南極だったり月だったり、江戸時代の日本に行って、松尾芭蕉の庵に泊まったりもするし、なかなかしぶい。しかも主人公の一人ジャックは息子に似ているではないですか! メガネをかけているし、すぐにノートをとるところとか。歴史と地理が大好きな息子にとって、たまらない物語なのでしょう。古代エジプトの文字とかタイタニック号についてノートに写してるし…。
 5年生の娘は、『ズッコケ三人組』シリーズ。私も主人もこどものころ大好きだったシリーズ。三十巻ぐらい出ているんですねえ。そんなに出ているなんて知らなかった。しかもどの巻も負けず劣らず面白いのがすごい! 小学生の男子ならではの行動がかわいらしいし。キャラクターが魅力的です。こどもたちに続いて必ず読んでいます。そしてそのあと本の話題で盛り上がっています。ああ、幸せ。
kuma.jpg
[2011/12/08 19:27] | | トラックバック(0) | コメント(0)
サイン会
先日、娘と息子、そのお友達2人、計4人を引き連れ、近所の本屋に馳せ参じました! というのも、娘が大ファンの児童文学作家令丈ヒロ子さんのサイン会があったからです。整理券は十番代でかなり気合が入っており、どきどきわくわくの5人。「本当はおじさんだったらどうしよう…」と変な冗談を言い合いながら会場に着くと、ほっそりした美人の令丈先生のお姿が! お手紙も渡し、握手もしていただき(私まで便乗して握手していただいちゃいました)夢見心地の娘。とってもやさしく子どもたちに声をかけていただき、感激です。

「私も本を書いているんです」と娘。「僕もです!」と息子もアピール。娘や息子は物語を書いていて(は現在7作目、は5作目を執筆中)、よく担任の先生に読んでいただいています。サイン会に行ったという話を担任の先生にしたところ、「そのうち君がサインをするほうになるよ~」と励ましていただいたとか。大興奮の一日でした

[2011/01/13 09:51] | | トラックバック(0) | コメント(0)
ピーターラビット
7月5日、児童文学連続講座二回目に行きました。今回は、絵本草創期の作家たちについて。コールデコット、ケイト・グリーナウェイ、ビアトリクス・ポターなどなど。小さい頃、グリーナウェイの『ハメルンの笛吹き』の絵本が家にあり、その挿絵の美しさにうっとりしていましたっけ。確かにその絵は人物の表情の豊かさに欠けますが、頁を開けば一気に美しいヨーロッパの風景に連れて行ってくれました。

さて、ビアトリクス・ポターも私は大好きで、ピーターラビットの愛らしさといったら、たまりません! 小学校1年生ぐらいから、ピーターラビットが大好き。イギリスでウエッジウッドのお店に行き、マグカップやお皿を何組も購入。結婚してからは我が家のお茶の時間には欠かせません。

この講座の前に、『ピーター・ラビット』のシリーズを久々に読み返してみました。かなりの量でしたが、これがまたおもしろい! 娘と息子にも読み聞かせると、「おもしろいねえ。もっと読んで!」と好反応。私も娘も特に「パイが二つあったおはなし」がお気に入り。絵も美しいし、お話も楽しく、満足感がありますね。
[2010/07/15 19:37] | | トラックバック(0) | コメント(0)
本を読むこと2
夫と出会ったのは、大学生の時。KGKの全国集会で同じグループになりました。互いに本好きだということを知り、いろいろな話をしました。その中でも、「八木重吉が好きだ」ということを知り、軽い衝撃を覚えました。私はそれまで八木重吉を好きだという男の人に会ったことがなかったからです。

夫は今でも本の虫で、家でも外でもよく本を読んでいます。我が家は二週間に一度、家族全員で図書館に行き、何十冊と借りてきては、積み上げた本の横で黙々と読書し、その後みんなで本の話をします。最近、子どもの頃に『ニルスのふしぎな旅』が大好きだった、と夫が語るのを聞いて、これまた軽い衝撃を受けました。そんな本も読んでいたのね……。私も遅ればせながら、読んでみます。
[2010/06/20 18:07] | | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード